works

LIFE works+みどりの部屋プロジェクトより(2006〜)

projectLinkIcon

LIFEworks@senno09-s_2.gifphoto:Osamu Nakamura












越後妻有アートトリエンナーレ2009 
大地の芸術祭 

2009年7月26日〜9月13日 


LinkIcon越後妻有 大地の芸術祭

About

LIFE works @ SENNO 2006

2006
109 works/color pencil on paper , wood

ここでは古くから農業を通して大地とかかわってきた。見渡す限りの美しい自然と厳しい豪雪に耐えてきた素朴で頑丈な家々、そして暮らすための知恵や術を大事に守り続けてきた人々。
長きに渡りこの土地で暮らしてきた生活そのものが<ライフ・ワーク>であり、その家にはたくさんの尊いものたちや痕跡がそこかしこに眠っていた。それらを色鉛筆によって作家自らが忠実に紙に写し取っていった。

木挽の踏み石 (1)

p.l-1007.jpg土間から居間にあがる踏み石の表面。家屋の差しに使われていた木材を利用しているという。虫が食った溝や子どもが遊んだ釘が残っている。
2006.4.15/350×500mm

木挽の鍋蓋

p.l-1010.jpg木製の鍋の蓋。長年の調理と保存の賜物。夕焼けの棚田の風景のよう。不安定で作業しづらかったが甲斐があった。
2006.4.21/350×245mm

上親家の大ぎり

p.l-1015.jpg先代の代から使用している大工道具。自ら家の修繕など何でもやるこの地域の生活に欠かせない道具。今年はもっぱら氷のような雪を切るのに役立ったという。
2006.4.24/500×350mm

久左衛門の農具 (1)

p.l-1008.jpg精米した米を下で受けるための箱。その裏底にあたる部分。面が擦れてきれいな木目と色合いを出している。
226.4.20/500×350mm

助左衛門の柱

p.l-1004.jpg裏山の旧北山小学校の材を柱に使っている。この柱について、よく父がこの柱に手をかけ、鶏の世話をしていた光景が思い出されると話された。
2006.6.17/653×385、1093×385mm

あち前のかんかん帽

p.l-1012.jpg非常に丁寧に固く編み込まれた帽子の平らな山の面。先代の持ち物という。当時にすると粋で洒落た方だったのでは。
2006.4.24/285×200mm

向の石

p.l-1016.jpg打ち豆用の石。作業がしやすいような石を拾ってきたという。くぼみに大豆の砕いた跡がついている。
2006.4.20/285×220mm

小林の炬燵

p.l-1017.jpgこの集落で唯一の昔ながらの掘りこたつ。その蓋のような役目をするもの。この冬飼い猫が下に落ちて火傷したという。
2006.4.25/350×245mm

旧集荷場の地面

p.l-1009.jpgp.l-1001.jpg展示会場となった旧集荷場の地面。油滲みや傷が幾所もついている。2枚はつなげると同じ地面だが、時期が違うせいで湿度に斑ができてしまう。
2006.7.22,2006.8.12/765×1095mm,765×1095mm

LIFE works @ SENNO 2009

2009
11 works/color pencil on paper , wood

久左衛門の柱

DSC06539.gif2009.6.25

二枚田の柱

DSC06171.gif2009.5.20

あち前の柱

DSC04394.gif2009.1.22・23